冷え性の方、必見です!!

こんにちは、ナインズの野尻ですおねがい

また寒波がやってきましたねびっくり

最近は暖かく過ごしやすかったのですが、また寒くなると身体の指先からつま先まで冷えてしまい、非常に辛いですガーン

そんな時には、


生姜です

昔から冬になると身体を温めるために生姜スープなど作り、身体の芯を温めたりしておりました照れ


生姜は、冷え性の方にはオススメの食材といわれておりますが、間違った使い方をすると逆効果みたいです😥



■加熱で変化する生姜の成分


(1)ジンゲロール



生姜の辛味成分「ジンゲロール」には、手足などの末梢部の血管を拡張させる効果があると言われていますニコニコ

ですが、末梢部の血管が開くということは、身体から熱を逃がし、身体内部の温度は低下することにびっくり



中医学でも、生の生姜は「皮膚や筋肉など身体の表面を発汗により身体に溜まった邪気を追い払う」食材とされているそうです!!


(2)ショウガオール



生姜を加熱・乾燥することによって生まれる「ショウガオール」爆  笑


ショウガオールは、胃壁を刺激して身体の内部の血流を高めることで、身体を内側から温める働きがあるそうですラブ


中医学では、乾燥した生姜を「乾姜(かんきょう)」と呼び、「内臓を温めて冷えの症状を改善する」食材として扱われているそうです




 

 

 

 

★「生姜」と「乾姜」を使い分けましょう​​​★


(1)生姜

生姜は、発汗を伴って身体から余分な熱を出す効果があるので、風邪のひきはじめや熱がある場合、ゾクゾクっとした寒気がするときにオススメですてへぺろ


「生姜+シナモン+はちみつ」の組み合わせは風邪などにオススメです照れ



シナモンは、身体を内側から温める効果が、ハチミツは喉を潤す効果があり、身体から熱を追い出しつつも、内部も温め、喉も保護できますグラサン


  (2)​​​​​​​​​​​​​​  乾姜



「身体が芯から寒い」と感じる方、身体が冷えて胃が痛い、生理痛が重いなどの痛みの症状がある方は、乾姜を使うといいみたいですゲラゲラ


ショウガオールは、加熱する際のポイントがあります!!


100℃以上で加熱しないこと!!100℃を超えるとショウガオールが壊れてしまうので中火で煮る、もしくは蒸した後に、低温オーブンで乾燥させましょうアップアップ加熱後乾燥させるのが面倒な方は、スライスした生姜を低温オーブンで乾燥させるだけでもグッド!



カリカリに乾燥させてパウダーにしておけば何にでも使えますし、乾燥した生姜を紅茶の茶葉に混ぜてジンジャーティーにしても良いですねデレデレ


生の生姜が、実は身体内部の温度を下げてしまうという意外な事実ゲホゲホ



今まで生姜の冷え取りパワーを実感できていなかった方、生の生姜を使っていませんでしたかはてなマークはてなマークはてなマークはてなマークはてなマーク


これからは、冷え取りには「加熱・乾燥した生姜」を使い、身体を温めましょうデレデレ



今年の冬は生姜パワーで乗り切りましょう😊